インターネットの活動に注意!誹謗中傷対策をする

有名税とは言うけれど避けたい事

インターネットと言うツールを使えば世界中とダイレクトに繋がる事ができます。自分の特技を活かして有名人になる事も可能ですから、積極的に活動したいものですよね。一方有名人になれば誹謗中傷も生まれるのが世の常です。できるだけそうしたトラブルを避けるためにもインターネット活動はHNを使って行なうようにしましょう。有名人に最も嫉妬するのは身近にいる人達ですから、嫉妬から個人的な情報を流されてしまうかもしれません。誹謗中傷対策のためにもHNは欠かせないのですね。

触れるべき話題を考える

インターネットの活動で誹謗中傷対策をするために心掛けたい事があります。それは、世間で「炎上」に繋がりやすい問題には踏み込まない事です。世の中には正しい事を書いても人から反発されてしまう問題がありますから、少しでも誹謗中傷を防ぎたい場合そうした話題には触れにようにしましょう。余計な敵を作ればそれだけ中傷される火種を作る事になります。できるだけ政治問題や宗教、人種の話は避けるようにしましょう。また個人的な話題であっても性差別に繋がるようなトピックスは危険です。

日本人だからこそ考えたい事

効果的な誹謗中傷対策を考える上で、日本人の国民性を考慮する事は欠かせません。特に自分が意図せず炎上に繋がる話題に踏み込んでしまった場合、日本人であればまず謝罪する事が早期鎮火に繋がるのです。これが他国の人であれば本心ではない謝罪は火に油を注ぐ事にもなりますが、日本人はまず謝る事がリスク対処になります。インターネット上の騒動で論争になっても全てのユーザーを味方にする事はできませんので、誹謗中傷対策がしたい場合は問題を打ち切る方法を学びましょう。

2ちゃんねる削除とは、掲示板である2ちゃんねる内にある記事を排除することで、誹謗中傷対策として排除するケースは多いです。